HOME>イチオシ情報>どんな範囲で変更できるのかを事前にしっかり確認して、自己資金もできるだけ用意しておくのが理想的

カスタマイズできる物件も増えている

男女

建て終わった物件を見学して買うのが新築一戸建ての購入スタイルでしたが、現在では未完成状態で買えるケースも増えています。建築が完了した分譲住宅では間取りの変更が不可能なのに対し、完成前ならそれも可能なのが魅力です。プラン変更OKといった内容をアピールしている物件がそれに当たるので、希望の間取りの住宅を川西エリアで希望している際は、その文言に留意しておくと良いでしょう。ただし注文住宅のように自在に変更できることは少なく、ある程度の範囲内で変更できるというのが一般的です。そのため、どんな部分をカスタマイズできるのか、売主の業者にしっかり確認しておきましょう。

話を進めるにはお金が不可欠

家族

新生活を川西エリアで始めるために新築一戸建てを買う場合、自己資金を用意するのが大切です。住宅ローンでお金を借りる予定でも、諸費用などは現金で支払う場合が多いので、ある程度手元にも揃えておく必要があります。例えば、登録免許税やその登記代行手数料、それに引越し代なども大きな金額になりますから、資金準備が欠かせません。また、住宅ローンでは一定以上自己資金を準備すると金利が優遇される商品も見られるため、それに向けてお金を集めておくのも上策です。

いよいよ申込手続きへ

住宅模型

検討を重ねて川西エリアで買う新築一戸建て物件が決まりましたら、購入したい旨を不動産会社に伝えましょう。その後、買付証明書などの購入申込書を用意してくれるので、捺印やサインをしてそれを完成させ、買う意思があることを書面にして売主へ示します。申込金の名目で10万円ほど払うこともありますが、このお金は売買契約が成立しなければ返ってくるのが基本です。そして住宅ローンを利用する際は、この手続きに合わせて金融機関の事前審査を受けるのも一般的になっています。

広告募集中